会社実印の選び方

会社実印というものをご存知ですか?どの会社やお店にも実印が存在します。会社実印の選び方をお教えしましょう。 - 会社実印の選び方

会社実印の選び方

会社を作ったりお店を開く時には、実印も必要になってきます。これから、会社を作りたいという人には、ぜひ会社実印についても、いろいろと知っておいた方がいいでしょう。

会社実印も個人の実印と似ている

thrswqr
会社実印といっても、個人の実印とよく似ています。例えば、会社実印でも登録が必要です。個人の場合には、市町村役場に登録ですが、会社実印だと法務局となります。そこへ申請書を提出して、登録となります。登録については、別のページにて紹介しています。

実印には関する規定も個人の実印と同様に大きさがあり、それを越していたり、下回ると登録できません。
また、印影がゴムであったり、持つところがプラスチックなどだと壊れやすいということで、登録はできません。

個人の実印はネットで購入できますが、会社実印もネットで購入できます。やはり大きさを選び、書体も選びます。個人の氏名は入りませんが会社やお店の名前と代表印といった文字が入ります。文字の長さや大きさを考えるところは、個人の実印と変わりません。またネット購入のやりかたもほぼ同じです。特に印影の確認についてはしっかりと行いましょう。あと、個人の実印販売ではケースや朱肉とセット販売もあります。似た感じで会社実印だと、実印のほかに銀行印や社内用の印鑑とセット販売をすることもあります。

会社実印の選び方については

会社実印の選び方については、印鑑自体に関することと、サイトに関することがあります。印鑑自体は、先に書いた大きさや印影の他にも、材質や大きさでも値段に注目しましょう。会社実印の場合には、その書体はいくつか限られています。というのも、見やすさも必要になってくるからです。請求書や領収書など、対外的に使われることも多いためです。その一方で不正にコピーされたり悪用されないための文字の変形も必要です。そうなると、形もいくつかに絞られてくるのです。
あと、実印選びではよく比較して決めましょう。例えば値段から、印鑑の形、持ちやすそうかなども写真で十分に比較できるでしょう。さらに材質にも人気の高いもので絞り混んだ方が無難です。何度も買い換えられるものでもないので、定番を組み合わせた方が、満足のいく実印になるでしょう。

最後に

別の子ページにて、会社実印を選ぶときに注意する点や販売サイトの選び方、さらに登録や、ネット購入は安心できるかの内容を書いています。それらを読んで、会社実印の知識を深め、選ぶのに役立ててみましょう。

Copyright(C)2015 会社実印の選び方 All Rights Reserved.